ジンバブエの大統領が牛300頭を寄付!国内は問題が山積み!通貨も人民元に?

アフリカの国、ジンバブエの大統領ロバート・ムガベ氏がアフリカ連合に対して牛300頭の寄付を表明しました。でも国内経済は疲弊してそれどころでないはず。そもそもなぜ牛なのでしょうか。

cows-982293_640

スポンサーリンク
レクタングル大




アフリカ連合に牛300頭を寄付

ジンバブエのロバート・ムガベ大統領が、このほどアフリカ連合に牛300頭を寄付したというニュースが流れました。
ムガベ大統領はアフリカの54か国が加盟する国際組織である「アフリカ連合」の議長を務めており、以前からアフリカ連合が域外からの資金援助に頼っているという現状に不満を抱いていました。
議長在任中の公約として、域外からの援助を減らすということを掲げていたため、少しでも公約を達成するべく今回の寄付を行ったということです。
現在アフリカ諸国の中では深刻な食糧問題を抱えている国も多く、WFPをはじめとする海外からの援助に頼らざるを得ない国家もあります。その状況に対してアフリカ連合が対策をとるために、牛を寄付することにしたとのことです。
とは言え、記事によれば自国ジンバブエでは干ばつによる凶作で300万人もの人々が飢餓状態に陥っているようです。議長としての体面もあるとは思いますが、その300頭の牛を国民のために使えと思っている人々も多いのではないでしょうか。
今回寄付された牛は牛肉ではなく、現在まだ飼育されている状態とのこと。特定の国家に寄付したわけではなく、アフリカ連合が牛の使い道を決めることになるようです。アフリカには独裁国家も多く、政府高官の腐敗や汚職の噂は絶えませんので、ちゃんと牛が効果的に使われることを願います。

世界最高齢の国家元首

今回寄付を表明したムガベ大統領ですが、実は1924年生まれの92歳で、現在世界最高齢の国家元首です。
何と1987年から28年間に及ぶ長期独裁政権を担っています。2013年には大統領選挙にて6回目の当選を果たしており、この選挙では不正も疑われています。
青年時代は文学や経済学を学んでいましたが、当時のジンバブエは「南ローデシア」という植民地で、白人による黒人支配が行われていました。そのような中で、マルクス主義に傾倒していたムガベは自然と独立のために戦うようになったようです。
政権獲得後は黒人と白人の融和政策推進に努めたことでアフリカ国家のモデルとも称されていましたが、2000年代に入ると白人の土地接収や反対派の弾圧などの強権政治を行うようになり、いままで順調だった経済は崩壊して後戻りができない状態になってしまいました。

ジンバブエ経済は崩壊状態

ジンバブエは前述のように、白人と黒人の融和政策により大変経済がうまくいっていた国家でした。しかし、いったん経済崩壊が始まるとそれを止めることはできず、通貨であるジンバブエ・ドルの価値は極端な下落を続けました。最もインフレが激しかった時で年率6.5×10108%にも達していたとされています。このインフレ率は、100ドルだった商品が翌日には200ドル、その翌日には400ドルと、毎日商品の値段が倍(つまりお金の価値が半分)になっている状態です。
この超ハイパーインフレに対応するため、政府は高額紙幣をどんどん印刷したため、最大で100兆ジンバブエ・ドル札まで発行されています。
なんとお札の表面には100000000000000という風に、大量の0が印刷されています!
100兆ジンバブエ・ドルは実際の価値では1アメリカ・ドルの価値もなかったのですが、ゼロが多い珍しいお札として、ネットオークションなどで数千円で取引されていたようです。
通貨としてよりもお土産品として取引されている感覚でしょうか。

通貨が人民元に?

これではあまりにも通貨の価値が安定しない、つまりは通貨としての機能を果たしていないということで、このハイパーインフレの終盤にはジンバブエ・ドルではなく、アメリカ・ドルが事実上の通貨として使用されていたようです。
現在ジンバブエではアメリカ・ドルのほか、日本円や隣国南アフリカのランドも法定通貨として使用することが認められています。
つまりはアフリカまで行って、日本円が法的に使える国があるのです。
実際はアメリカ・ドルが最も使われているようですが、ここにきて人民元の流通が増える可能性が出てきました。人民元も日本円と同じように法定通貨として定められているのですが、なんと中国がジンバブエに対して持つ50億円近い債務を放棄し、その代わりに人民元を流通させるように仕向けているようなのです。
アフリカ重視政策をとり、資金援助などを通じてアフリカ進出を進めている中国の戦略でしょう。
アフリカ連合が域外からの援助に頼っていることを批判していたムガベ大統領ですが、今後のジンバブエ経済はいったいどうなってしまうのか、今後も目が離せません。

ネタ元:AFP通信
「ジンバブエ大統領、アフリカ連合に牛300頭寄付 国内は凶作」

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大