投票終了!ニュージーランド国旗変更国民投票

先日ニュージーランドの国旗変更についての記事を書きましたが、3月24日が投票日でした。

new-zealand-162373_640

スポンサーリンク
レクタングル大




国旗変更は行わない結果に!

イギリスの大手新聞社ガーディアン紙(The Guardian)の記事によると、56%の有権者が現行の国旗を選択したそうです。
投票前から現行国旗派が有利とは言われていましたが、最終局面ではかなりの接戦が予想されていました。56%対44%なので予想通りの接戦だったようです。

首相は「ちょっと残念」

今回の国民投票を強力に推進していたのは、他でもないニュージーランド首相のジョン・キー(John Key)氏。
キー首相は今回の結果について「ちょっと残念」だと述べつつも、国民の判断を潔く受け入れる姿勢を示しています。

10か月、20億円以上の費用

今回の国旗変更の論議はキー首相の発案で10か月前に本格的に始まり、今まで20億円を超える費用が投じられてきました。
結果として国旗は変更しないという結論に至ったわけですが、時間と費用の無駄ではないかという意見に対しては、今回の投票がニュージーランドの国家としての存在を見つめ直す良い機会になっており意味のあるものだったと、首相も担当副首相も述べています。
将来的に変更しないという決定をしたわけではないので、また近い未来に別の国旗案が出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大