ウィル・スミスが靭帯損傷!手術の場合の費用、期間は?

アメリカ大リーグ、ミルウォーキー・ブルワーズのウィル・スミス投手が靭帯を痛めた模様です。
手術の場合の費用や復帰までの期間はどうなるのでしょうか。

250px-201205025-0812a_Will_Smith

スポンサーリンク
レクタングル大




ウィル・スミス投手の経歴

ウィル・スミス投手は1989年生まれのサウスポーで、2008年にドラフトを経てメジャー入りを果たしました。
その後、メジャーで登板する機会はすぐに訪れず、初登板はプロ入りから4年後の2012年のヤンキース戦です。
この試合では勝利を飾ることはできませんでしたが、その直後のインディアンズ戦で初勝利を挙げています。
2013年に青木宜親とのトレードで、現在所属しているミルウォーキー・ブルワーズへ移籍してきました。
ブルワーズでは、四球が多いもののそれをカバーするだけの三振を奪っており、リリーフ投手としての地位を固めました。

靭帯損傷の怪我

ニュース記事によれば、試合後に右足のシューズを脱ごうとしたところ、シューズを無理やり引っ張ってバランスを崩したために、右ひざの靭帯を痛めてしまったという事です。
試合中の出来事ではなく、メジャーリーグの歴史の中でも珍しい、恥ずかしい負傷のようです。
しかし、試合中の負傷かどうかに関わらず、靭帯損傷となると大けがです。
もしかしたら手術が必要になるかもしれないとの事です。

手術の場合の治療期間、費用は?

損傷の程度にもよりますが、手術となった場合、術後2か月間は安静にしている必要があるようです。
この期間は靭帯の強度が不足しており、無理なリハビリを行うとさらに症状を悪化させてしまう様です。
特に最初の1か月間は松葉づえが必要で、なるべく負担をかけないようにする必要があります。
ジョギングなどの軽い運動の復帰まで3ヶ月、さらに本格的なリハビリを行って、復帰までは通常8か月~1年程度必要なようです。
費用は手術費用と最初の入院費用で70万円程度との事ですが、これは日本国内の場合です。
アメリカでは盲腸で日帰り入院の手術をしただけで200万円以上かかる場合もあるようなので、2週間の入院が必要な靭帯手術の場合は莫大な金額になりそうです。
メジャーリーグの選手なので、この程度の手術費用は大したことないのかもしれませんが、不注意でシーズンを棒に振ることになってしまったダメージは大きいのではないでしょうか。

ネタ元:スポニチアネックス
『ブルワーズ左腕 “恥ずかしい負傷”で手術の可能性「最悪だよ」』

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大