ベネズエラは「週休」5日制?経済危機はどうなった?

ベネズエラでは事情により目下のところ公務員が「週休」5日で働くことになったそうです。その背景とは?

summer-814679_640

スポンサーリンク
レクタングル大




1月に緊急事態宣言!

ベネズエラでは2016年1月15日、マドゥロ大統領によって「経済緊急事態宣言」が発令されました。この緊急事態宣言によって、ベネズエラ政府が民間企業の商業活動や為替に対して超法規的な直接的な影響を与えることが出来るようになりました。当初は2か月間の予定でしたが、経済が上向かない限り宣言は延長されます。2月には最高裁判所がこの宣言を認める決定をしています。
ベネズエラ経済は疲弊しており、インフレ率は公式発表でも9か月間で108.7%という非常に高い水準になっています。これは、半年間で物の値段が2倍以上に跳ね上がる状態です。しかもこれは公式発表のため、実際はもっと高いインフレが起きているのではないかという指摘もあります。
ベネズエラの通貨は「ボリバル」という単位なのですが、インフレを抑えるために2008年に1,000分の1のデノミネーション(旧1,000ボリバル=新1ボリバルへ交換する措置)を実施するなど、安定性が低い通貨です。公式通貨レートは1米ドル=10ボリバルですが、外国との取引品目によっては適用される通貨交換レートが20倍以上異なる複雑な状況です。

主要輸出品目は原油

ベネズエラは実は世界有数の産油国で、原油埋蔵量で比べればサウジアラビアを超える世界一の埋蔵量を誇る国です。世界の原油の17%以上がベネズエラに眠っています。ちなみに2位のサウジアラビアは約15%です。ただし、輸出量で比べるとサウジアラビアの約4分の1程度で、世界8位の輸出量になります。
ベネズエラは輸出品目のうち40%以上を石油を中心とする化学品目が、25%近くを鉱物資源が占めています。中東にロシアを震源地とする原油安と中国や新興国の景気停滞による資源安の影響をダイレクトに受けてしまった結果、オイルマネーに頼り切っていたベネズエラの外貨収入は一気に減少してあっという間に国家財政が破たん寸前になってしまいました。
では世界最大の産油国であるサウジアラビアはどうなのかというと、こちらも財政が傾き、このままではあと数年で破産状態になるとも予想されています。
しかも経済危機に際して、総選挙で大統領に反対する立場の野党が勝利してしまったため、大統領の行おうとする経済政策に議会が猛反対するという状態で、十分な施策を打てない状況となっています。

追い打ちをかける干ばつ

原油安と資源安のダブルパンチを受けているベネズエラですが、2016年に入って干ばつが深刻化しています。2015年からベネズエラを含む南アフリカ北端部では全体的に少雨傾向が続いており、水不足が深刻になっています。原因は2015年に発生した大規模なエルニーニョ現象です。エルニーニョ現象が発生した場合、日本では冷夏になる影響が報道されますが、ベネズエラ周辺では雨が少なくなり、干ばつが発生します。
干ばつの発生というと、作物が育たなくなる砂漠のような干からびた大地を想像される方がいるかもしれませんが、ベネズエラの場合はより状況は深刻です。ベネズエラは発電量の6割を水力発電に頼っており、干ばつが発生してダムの水が干上がると同時に、発電することが出来なくなってしまいます。既にベネズエラの水力発電所は運転できないほどの水位低下が見込まれており、1日4時間の計画停電を実施しています。
このため、公共施設を始めとして出来る限りの省エネ策を実施しており、その一環として住民サービスに密着した最低限必要な部分を除いた公務員の業務を週2日に削減、つまり週休5日に変更となりました。エルニーニョ現象自体はピークを過ぎており、今後雨が降り干ばつが緩和されるまでの一時的な措置のため、お休みが増える公務員も給与の削減は行われないようです。学校も休みが週3日になっています。この措置は目下のところ2週間を予定しているようですが、今後ダムの水位が改善されなければ延長されることと思われます。
経済混乱や政治のねじれに加えて大規模干ばつとなると、住民の不満がたまり、その結果暴動なども起きかねません。ベネズエラに限った事ではないですが、現地に滞在する日本人のみなさんには十分注意をして頂きたいと思います。

【サンパウロ時事】ベネズエラのマドゥロ大統領は26日、少なくとも2週間、公務員を週休5日にすると発表した。(記事を読む

ベネズエラ基本データ

正式名称:ベネズエラ・ボリバル共和国
首都:カラカス
人口:約3,000万人
言語:スペイン語
面積:約91万平方キロメートル(日本の2.4倍)
地理:自然豊かで南米最大の湖「マラカイボ湖」や世界一の落差を誇る「エンジェル・フォール(スペイン語ではサルト・アンヘル)」がある。

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大